薬用化粧品や専門クリニックの驚き効果|お肌のトラブル即改善!

女性

コラーゲンの種類

種類と効能

女性

お肌に塗るとプル!プル!になると人気の高いコラーゲン化粧品ですが、どんな種類のコラーゲンがあり、またデメリットはあるのでしょうか?実はコラーゲンには、ゼラチン・加水分解コラーゲン・生コラーゲンの3タイプがあります。特に生コラーゲンと言われる魚や動物などから抽出されたコラーゲンを化粧品に使う際には独特の臭いや不純物等などを除去する必要があり、更にこの臭いは完全に除去することが困難であるため、様々な化学添加物を使用して臭いを消しています。
この添加物が肌に合わない場合もあり、敏感肌な方など、心配な方は、まずは化粧品の試供品などで試して、肌に合うか合わないからご利用する事をお勧めします。もともとの臭いのない、不純物もほとんどない非動物性コラーゲンもあります。そちらは添加物加物が気になるのであれば、非動物由来のコラーゲンを使った化粧品を探してみてはいかがでしょうか。しかしどちらにしても、アレルギーをお持ちの方には、何由来のコラーゲンが使用されているかを特にチエックする必要があります。
今や生コラーゲンは化粧品に限らず、サプリメントやゼリー、ドリンクなどと色々なタイプの物が登場していますので、簡単に手に入れる事が出来る分、注意して摂取しなくてはならないでしょう。


>実はこれまでは通常コラーゲン化粧品といわれる化粧品に使用されるコラーゲンには加水分解コラーゲンとゼラチンが原料とされていました。しかしゼラチンや加水分解コラーゲンの成分は肌のコラーゲンの成分とは全く違います。これらゼラチンや加水分解コラーゲンニ比べ、生コラーゲンの成分は肌のコラーゲンと同じ成分から出来ているため、その保水力に歴然とした差があるのです。その保水力の違いはゼラチン利用化粧品の3倍で、加水分解コラーゲン利用化粧品の6倍なのです。こんなに違うのならば、何故もっと早く生コラーゲンを化粧品に使わなかったのか?と感じると思うのですがが、生コラーゲンは分子量が大きく、且つ熱にも弱いと云う欠点があった為、なかなか化粧品として実用化する事が困難だった。しかし、現在では進歩した技術と研究により、低分子化する事も成功し、冷蔵保存出来る生コラーゲンの開発に成功した事で実用化に至ったのです。